過信

今季初勝利を開幕戦であげたモンテディオ山形

開幕戦勝利は実に2009年以来のことで今年こそはい

ける!この得点力ならJ2でも屈指!と考えていたのよ。だけどね、現実はそんなに甘くないのよ。引き分け多すぎるわ!負けで勝ち点潔く落としてくれた方がスッキリするわ!(それは言い過ぎだが…)

ということで毎年恒例の10位ぐらいの位置を漂っているモンテディオ山形。田舎の農民らしく相手の攻撃という風雨を我慢強く耐え、ゴールという名の稲を収穫するスタイルがモンテスタイル。だがしかし、ここ数年は毎年風雨には耐えるが、稲の収穫の担い手不足(攻撃陣の決定力不足)により稲を収穫できない…今年も例に習い“圧倒的決定力不足”を披露している。

そもそも監督の木山さんは “2016年J2引き分け回数ナンバーワンクラブ” の監督だったのだからこうなることは予感はありました。なので現時点でこの順位は許容範囲内、ここからチームが成熟して何処まで上げていけるか!っていう所なのです。最近の守備の安定度(そこまでの安定ではない……)と攻撃面でのコンビネーションの精度(ワンツーを決めて満足している感がある……)を上げていければ良いところまでいけると考えています…()

それに負傷離脱中の南、鈴木が戻ってくれば、ここ2試合スタメンのFW中山や阪野、永藤あたりのポジション争い激化によってFW陣がより良いパフォーマンスを見せてくれることでしょう(圧倒的願望)。

まあ、この時期の順位はあまり関係ないですし、高ければ高い壁(=現時点で首位との勝ち点差10の点)の方が登ったとき気持ちいいもんな!!!!!ということで…